レコードプレーヤーは、新しい音楽の楽しみ方!

シェアする

レコードブーム到来!

再来、ですね。

アナログレコードが近年売れてます。

ぼくはシングルCDから買い始めた世代です。

その後MD、CDウォークマン、mp3、iPod、そしてiPhoneやストリーミングといったリスニングライフです。

カセットテープは本当に小さい頃だけでした。

レコードは親父が大量に持ってます。

そして今、ぼくのリスニングライフはストリーミングとレコードが中心です。

スポンサーリンク




アナログレコードで音楽を聴く魅力。

よく温かみがある、とか音が深い、とか言われます。

難しい話になるので簡単に説明すると、人間の耳には聴こえない周波数が入っているからです。

CDとかは容量を小さくする為に、その周波数の部分をカットしているんです。

でもレコードはその周波数も入っている。

つまり、なんか温かみがある、と人間は感じるのです。

でも家だと実感は少ないかも。なぜかというと、大きい音で聴けないから。

正直、良質な環境で大きな音を体感すると全然違います。

馴染みのJAZZ喫茶は、すごいスピーカーで大音量ですごい迫力のJAZZを流します。

まさに「体感」です。

音楽は大げさじゃなく、体で聴きます、耳だけじゃないです。

音は空気の振動によるものなので、体全体で音を感じることができるんです。

だとしたら、人間の耳には聴こえない周波数にも効果が出るのは当然ですよね。

プレーヤーにレコードをセットする作業が好き。

レコードに針を落とした時の「プツッ」っていう小さなノイズ。

あれが結構好きな方は多いんじゃないでしょうか。

ぼくはその前の作業、つまりどれを聴こうかなとレコードを選んで、プレーヤーにセットする、その一連の作業が好きです。

今やパソコンやスマホがあれば、何クリックかで目的の音楽が手軽に聴ける時代。

それをわざわざ、音楽を聴く為に作業するのです。

BGMとしてではなく、音楽を聴くことが主役になる瞬間です。

音楽を聴こう、っていうスイッチが入る瞬間です。

(・・・実際はBGMになることはありますよ、もちろん。笑)

存在感が素晴らしくおしゃれ!

まずプレーヤー自体がおしゃれです。

部屋に置いておくだけで、様になります。

インテリアの主役になりかねません。

それからジャケットがかっこいい。

サイズが大きいだけに、CDよりも存在感があります。

こちらも部屋に飾るだけでおしゃれです。

レコードが回転している姿が渋い。

レコードは回転し続けます。

音楽を流す為に動いている感じが、かっこいいです。

パソコンやスマホで音楽を聴いている時はどうでしょう。

大抵バックグラウンドで流していて、本人は別の作業をしていると思います。

ふとプレーヤーに目をやるとレコードが回転している、そんな光景が好きです。

結果としてレコードで音楽を聴くのは楽しい!

レコードプレーヤーにリピート機能とか便利なものを求めちゃいけません。

もう一回聴きたいときは手動で操作しないといけません。

その面倒くささが粋というか、「本来の形」なのかなと思います。

「本来の形」というのは音楽鑑賞において、ということ。

音楽自体の「本来の形」はやっぱりライブに尽きるでしょうね。

レコードプレーヤーで音楽を聴くという作業は、とても有意義なことなんじゃないかなと、個人的に思います。

とはいえ、様々なサービスがどんどん出てくる最近は、便利なサービスにも目が離せません。

ストリーミングやサウンドクラウドはぼくも利用しています。

今度はストリーミングについてお話しします。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク