妊娠中のパートナーに変わってできること。

シェアする

現在妊娠7ヶ月と少し。来年にはパパになります!

それまでに主夫として、できる限りのことをやり、できなかったことをマスターしようと思います。

スポンサーリンク




ぼくが実践していること、心がけていること。

できるだけお互いが穏やかに過ごせて、妊娠期間を楽しめるように日々試行錯誤しています。

コミュニケーションは適度に。

妊娠中は精神が不安定なると時があると聞きました。

正直パパになる自分でもそうです、期待と不安が入り混じってます。

過度な心配や極端な放置は良くないと思い、適度に遊んであげてます。

返事の仕方で機嫌を伺う、とか。笑

思えば仕事、仕事で切羽詰まってた時期、ぼくもそんな感じでした。

付かず離れずがちょうどいい、みたいな。

それぐらいの距離感を心がけてます。

あとは簡単なマッサージ。

妊娠中は腰を痛めやすいそうなので、たまにほぐしてあげると助かるのかも。

病院への付き添い。

先日は診察と両親学級に参加してきました。

エコーが見れると実感湧きますね!

あとは先生から今の状態やこれからのことを直接聞くことで、これからのことを想像しやすくなりました。

より具体的に、父親になるんだなーと自覚が持てた気がします。

あとは気をつけるべきこととか教えてもらったり。

基本的なことだけど、重いものをもたせないとか、歩くペースを合わせるとか。

あと、運動不足も良くないので気分や体調によって散歩に付き添ったりしてます。

それから出産には立ち合いたいと思ってるので、病院には何度か行っておくことをおすすめします!

まず行き方がわからない、とか入り口がわからない、とかは言語道断。笑

当日はきっとばたばたすることが予想されるので、事前にある程度病院の中のことも把握しておきたいところです。

病棟の案内してくれたりもしました。

産まれたばかりの赤ちゃんも見せてくれて、思ったより小さかったです!かわいい!

家事は言われる前に。

洗濯や洗い物は率先して!

自分がこれまでしてもらってたことを先にするだけです。

そして見返りは求めない。笑

ありがとうって言われても、いやいやこれぐらい普通!ぐらいの態度で留めておきます。

申し訳ないなぁと思われない為です。

今は赤ちゃんをお腹で育てることが第一の仕事なので。

でも、全部自分がやってしまうのも良くないと思います。

助け合いって大事なので、簡単で体をあまり動かさないような家事はやってもらうようにしています。

趣味の時間を大事に。

ぼくと嫁の共通の趣味は音楽。

できるだけいろんな音楽を流しておくようにしています。

でも音楽が好きといってもジャンルによって好き嫌いは当然分かれるので、そこは難しいところ。

友達のDJにプレイリストを作って欲しいぐらいです。笑

ちなみに嫁は最近、漫画と読書とゲーム三昧です。

飽きたら映画三昧の日を1日作ってもいいかなー。

赤ちゃんとのコミュニケーション。

男性の低い声の方が赤ちゃんに届きやすいそうです!

ウチはもうすでに名前を決めてあるので、呼びかけたりしてます。笑

ちなみに名前はすぐにぼくが決めました、ほぼ独断で。笑

その他にやってあげたいこと

安定期に入ったら温泉旅行に行きたいなーと思ってましたが、現状あまりよくないと先生に言われたので断念しました。

安定期は出産前の旅行、ラストチャンスと聞きました。

近場でもいいので旅行を計画してあげたら、奥さん喜ぶんじゃないでしょうか。

自身のリラックスにもなるし、何より夫婦2人で過ごす時間はあと少しですからね。

それ以外で何か楽しめることを模索中です。

これからのこと

育児の準備や勉強です。

友だちがどうやって子育てをしているか、目の当たりにすることなんてないでしょう?

話を聞くことはできるけど、実際にやってみないことにはわかりません。

なのでまずは必要なものとか、食事とか、沐浴とか、その辺りから勉強していこうかなと思ってます。

育児はぼくの夢のひとつでもありました。

いいタイミングで在宅で仕事をすることができそうなので、前向きに楽しんで、全力で子育てをがんばりたいと思ってます。

まずはその為の勉強、ゆっくり始めます。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク