【サッカー】ボルシア・ドルトムントvsマルデブルク/DFB杯2回戦 2017年10月24日

シェアする

スポンサーリンク

5-0でドルトムントの勝利

ドルトムントはマルデブルクのアウェーで、5-0の快勝。

カップ戦で格下相手とはいえ、素晴らしい!

3回戦に進出決定しました。

スポンサーリンク




得点者(アシスト)

42分:ゴンサロ・カストロ(アレクサンデル・イサク)

46分:アレクサンデル・イサク

73分:アンドリー・ヤルモレンコ(PK)

79分:マルク・バルトラ(香川真司)

90分:香川真司

香川真司 1ゴール1アシスト

少し調子を取り戻してきた印象、フル出場で勝利に貢献しました。

鋭いキックフェイントからシャープなゴールを決めました。

3部のチームが相手ですが、結果を残せたことで及第点以上の働きでしょう。

今シーズンは公式戦10試合で3得点。

このゴールは香川らしさが出ていたと思います。

ゴール前で考えすぎず、落ち着いたボールコントロールでのフィニッシュ。

また、香川の特長である、周り巻き込んだプレーが印象的でした。

香川がクサビを入れ、シャヒン、フィリップとつなぎ、香川が押し込む。

「らしい」動きが周りとの連携の良さを物語っています。

今年で28歳になる香川真司。

サッカー選手として脂の乗ってくる時期です!

ドルトムント 若い選手の台頭

ドルトムントは若い選手の育成やスカウティングが本当にうまい。

クリスチャン・プリシッチのプレースタイル好き。

アレクサンデル・イサク

香川と同じく1G1Aを記録したアレクサンデル・イサクはスウェーデン出身の18歳のFW。

各年代の代表にも選ばれ、A代表でも活躍しています。

今回の試合が初スタメンでしたが、これからに注目です。

今シーズンフル稼働のオーバメヤンの休養の為、スタメン入りしたとのこと。

恐らくこれから毎シーズン、オーバメヤンの去就は噂されることでしょう・・・。

世界トップクラスのFWの後釜としてはまだまだ物足りないかもしれないですが、非常に頼りになる若手選手じゃないでしょうか。

今回のようなチャンスでしっかり結果を残せたことは、かなりの評価アップにつながるんじゃないでしょうか。

ただなんとなく心配なのが、デンベレのようにすぐに移籍しちゃいそうな予感がすることです。笑

加入選手がフィットし始めている。

イサクやフィリップなど、連携がスムーズになってきた印象。

シャヒンやゲッツェ、香川など、優秀なゲームメーカーと、最強のFWオーバメヤン、このあたりがうまく絡めばとてもおもしろいことになりそうです。

そして激化するポジション争い・・・。

今年はかなりチーム状態が良く、ピーター・ボス新監督の戦術もフィットしている中、過密スケジュールは必至でしょう。

そんな中、新戦力の台頭は歓迎すべきこと、うまくローテーションし、戦術オプションが増え続けることが楽しみです。

今後に期待すること

タイトルは当然狙う!

あとはマルコ・ロイスの完全復帰。

そしてバイエルンの1強を崩す!

正直ドルトムントの戦力はブンデスリーガの中でも圧倒的な2位かと感じています。

今回のようなカップ戦を順当に勝ち続ける、このような試合を継続して欲しいと思います。

次節の記事はこちら

【サッカー】バイエルン・ミュンヘンvsボルシア・ドルトムント/DFB杯3回戦 2017年12月21日
1-2でドルトムントの敗北 カップ戦の3回戦、早くもバイエルンと当たってしまったドルトムント。 昨年のカップ戦に続き連覇を狙うドルト...
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク