体験したからアドバイスできる、3つの転職方法。

シェアする

スポンサーリンク

転職して理想のライフスタイルを手に入れる。

キャリア形成の上で、転職が選択肢に入ることが当たり前となった時代、自分のキャリア、スキルアップを図る上でジョブチェンジは一つの方法となり、個人の生き方としてもはや常識といっても過言ではない時代になりつつあります。

特に今は売り手市場、人材不足に悩む企業は多いです。

ぼく個人は30歳オーバーですが、いつくかの会社を渡り歩き、その度に新しいことにチャレンジし、スキルを身につけてきた自負があります。

目指すキャリアやポジション、収入、ライフスタイルは様々かと思いますが、転職先を探す方法は皆さんに共通する部分があるんじゃないでしょうか。

働き盛りの30代のぼくが、いくつかの転職を通じて学んだ転職方法についてまとめました。

また周りでも転職、独立、逆に転職経験なしと、様々な経験を積んだ友人が多いので、そちらも参考にしたいと思います。

こちらの記事も参考にどうぞ。(仕事を辞める前にやっておきたいこと

転職

スポンサーリンク




転職サイトの利用が王道

最も有効とされる手段です。

手軽で利用者数も多く、ほとんどの転職者が一度は探したことがある方法かと思います。

メリット

何より情報量が多いので選ぶ会社の多様性が魅力。

また掲載する企業側も、運営会社に依頼することで、自社での手間が省けるので積極的に利用しています。

転職サイトによってはエージェントが常駐し、個人的に相談に乗ってくれ、マッチする企業を紹介、アドバイスしてくれるところもあります。

有名どころはひとまず登録しておくことをおすすめします。

なぜなら登録しておけば世の中の情報を得ることができるからです。

例えばどの業界が人材不足だとか、自分が探している業界の求人率をリサーチすることが可能です。



デメリット

上記のメリットが逆に作用してしまうことがあります。

求人情報が多すぎて整理できなくなったり、自分のやりたい事がブレてきたります。

またエージェントを利用する時も注意が必要です。

本当に自分のやりたい事を理解し、アドバイスをしてくれているのか、考えましょう。

先方もプロなので、信用も必要ですが、結果として成約率も必要なはずです。

安易な提案で妥協しないよう、心がけておくことが大切です。

それから、少し情報を盛っている場合があります。笑

最近はそこまで盛った情報は減ってきたと思いますが、「楽しく働きやすい環境」とかは鵜呑みにしないように・・・。

そんなことは個人それぞれが決めることなので・・・。

アドバイス

まずは情報量の多さを利用して、目指す業界の特徴を調べましょう。

どんなスキルや資格が必要なのか、条件の平均はどれぐらいなのか、情報はどんどん入ってきます。

例えば極端に条件が良い会社や、いつも求人募集している会社は要注意です!!

また、好条件で自分に合った会社を見つけた場合、すぐに応募することをおすすめします。

もちろん現職や生活の状況にもよるでしょうが、好条件の会社はすぐに求人が打ち切られます、倍率が高いからです。

情報を集めつつ、条件の揃っている会社を見つけた場合、すぐに行動に起こせるよう準備しておいた方が良いと思います。

転職サイトへの登録は、情報集めの為と言っても過言ではありません。

企業のホームページの求人情報を直接チェックする。

ほとんどの会社のホームページには、求人募集のページがあります。

ある程度やりたい仕事の目星がついている方にとっては、その業界の企業ホームページをチェックする習慣を身につけておいた方が良いかと思います。

メリット

会社側にとって、公式ホームページ上で募集をかけているということは、しっかり自社のアピールができているという評価ができます。

また、転職サイト経由ではなく、直接連絡するというだけで熱意が伝わります。

それからついでに企業の沿革や方針などの企業情報をチェックしておきましょう。

デメリット

求人募集のページがあっても、新卒のみの募集だったり、部署が限定されていたり、「現在は募集を行っておりません」と表示されていることがあります。

この場合は根気良くリサーチを続けるしかありません。

また、結局転職サイトから応募してくださいと言われることもありました。

これに関しては理由が不明確ですが、転職サイト側との契約とかがあるんでしょうか?

企業情報をチェックすると良いと、メリットのところに書きましたが、これがデメリットに働くこともあります。

極端な話、年商と従業員数が釣り合ってない、とか沿革がなんかおかしいとか、明らかに不安になるようなことを書いてあれば疑いましょう。

アドバイス

少しでも良い条件の会社を見つけると、運命の出会いだ!と感じてすぐに行動してしまうかもしれません。

でも少し落ち着きましょう。笑

行動が早いに越したことはありませんが、その会社の情報は念入りに調べておきましょう。

それは会社のことを勉強することにも繋がり、面接でもアピールできるポイントになります。(御社のこのような考えに共感できました!という例のフレーズに使えます。)

また、ついでに競合になりそうな会社について調べておくと良いかもしれません。

応募しようとしている会社が業界的にどのポジションなのか、そのあたりのチェックも大事です。

人脈を利用する。

一番確実な方法かもしれません。

友人、先輩、後輩、家族、(ライバル会社とかも)使える人脈はどんどん使うべきです。

人脈を使うのはずるいと考える人は大間違いです。

人脈はその人のステータス、スキルです。

せっかくのスキルを使わずに出し惜しみするのはもったいないです。

メリット

会社の正確な情報を、詳しく教えてくれると思います。

また、紹介であればほぼ確実に入社できるでしょう。

デメリット

辞めにくいです。笑

もちろん円満に退社することもできます。

個人的都合が強い場合の退職などは、紹介してくれた人に迷惑がかかりかねません。

そのような事態は絶対に避けるべきです。

アドバイス

せっかく紹介してもらったから入社する、という理由であればよく考えてみてください。

本当に自分にとってメリットのある入社なのか。

近しい人を巻き込んでの入社となると、自分以外のことも考える必要があるので、せっかくの人脈を無駄にしないよう注意して、人は大切にしましょう。

最後に。

今回は3つの転職方法を紹介しました。

一番におすすめなのは、最初に紹介した転職や求人サイトに登録しておくこと。

リクルートスタッフィング
などは有名どころなので、抑えておいた方が良い転職サイトのひとつです。

そして最終的に、全て実践するのが効果的かと思います。

メリットは市場を調査できること、社会を知ることができること、そしてゴールへの近道だからです。

効率良く転職先を見つける為に、少しずつでもリサーチを続けてみてはいかがでしょうか。

転職は前向きに捉えた方が、うまく歯車が回り出します。

まずは自分が求めているものが何か考えることが大切だと思います。

ぼくの場合はライフスタイルです、家族との時間や友人、趣味の時間を大切にしたいです。

ある先輩はお金を使うことが好きなので、めちゃくちゃ仕事してます。笑

適度な収入で適度に遊ぶ友人もいます。

家族の為に、自分を犠牲にしてがんばっている先輩もいます。

最近は働き方の正解が分からなくなってきました。

フリーで働いたり、契約、派遣の方が身の丈に合うという人もいます。

むしろその方が自分のスキルを活かせる仕事も増えてきました。

その中で会社に所属する、その選択肢は正解か間違っているのか、その正解は個人の裁量で決めることです。

人は人、自分は自分!

転職を考えている方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。仕事を辞める前にやっておきたいこと

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク