神戸観光にもおすすめ!ファーマーズマーケットとアーバンピクニックをぶらり。

シェアする

「EAT LOCAL KOBE」(イート・ローカル・コウベ)が企画するイベント、「FARMERS MARKET」(ファーマーズマーケット)に行ってきました。

神戸人におすすめするのはもちろんのこと。

観光や遊びにきた方々、ファーマーズマーケットでぶらりと過ごすのはとても気持ちいいですよ!

場所は以前紹介した三宮の「東遊園地」です。

各線三宮駅から南へ徒歩10分程度の距離なので、朝から活動するのに最適な立地です。

東遊園地の記事はこちら。

ファーマーズマーケット2

ファーマーズマーケット

午前中は気持ちのいい秋晴れでした!

FARMERS MARKET」とは。

「神戸に暮らし、ローカルを食べる」をキャッチコピーに、地産地消を実践する朝市、それがファーマーズマーケットです。

要するに、神戸で作られた食材や加工品が買える市場です。

この日も野菜や果物、チーズやコーヒーなどたくさんの食材が並んでいました。

つくった人が直接売ってくれるのが魅力で、いろんな話を聞くことができます。

生産者と話をする機会ってなかなかないですよね。

EAT LOCAL KOBE、FARMERS MARKETの公式ホームページはこちら。

スポンサーリンク




早めの時間帯から行くのが吉。

この日は11時半頃に行きました。

すでに大勢のお客さんで賑わっていて、秋晴れの中、平和な光景。

東遊園地の入り口

水路がきらきら。

ファーマーズマーケット入り口

ファーマーズマーケットは9時から始まるので、すでに売り切れている食材が多く、狙っていたチーズも売り切れてしまってました・・・。

お目当てだったのは「弓削牧場」(ゆげぼくじょう)のチーズ

新鮮なチーズを求めてたんですが、一足遅く・・・。

またリベンジします、もしくは直接お邪魔します!

弓削牧場さんのホームページはこちら。

代わりに店主さんに、今が旬の珍しい食材を教えてもらいました。

その名も「バターナッツかぼちゃ」。

バターナッツかぼちゃのスープ

別のお店で試飲させてくれたので、飲んでみました。

おいしい!甘みがまろやかで、エスニックな風味が癖になりそう!

他では飲めない、初めて味わうスープでした。

絶品のスープ

バターナッツかぼちゃのスープ。絶品。

バターナッツかぼちゃ

これがバターナッツかぼちゃ。

バターナッツかぼちゃ料理

看板

レシピも頂けました!

ただちょっと家で作るのは難しそうなので、どこか飲めるお店があったら行ってみたいと思いました。笑

ついつい衝動買いしたもの。

この日は服や雑貨のお店も出店。

男女兼用のおしゃれな作業着につい目が行きました。

作業着

しっかりした生地のおしゃれ作業着。

ここで思わぬ衝動買いをしました。

エプロンを購入!

エプロン

エプロン2

裏地がフリース。

あったか素材でこれからの季節にぴったり。

外での作業用として使える丈夫な素材なので、がしがし使ってやろうと思います。

買ったお店はSAGYOというブランドのエプロン。

おしゃれな野良着がたくさん、これで作業するの?っていうぐらいおしゃれ。

エプロンだけじゃなく、パンツやコートも欲しい。

SAGYOさんの公式ホームページはこちら。

異文化も取り入れる懐の深さ。神戸のローカルがぎゅっとつまった空間。

ファーマーズマーケット

野菜の販売

野菜

雑貨の販売

ELK実際の農家さんから直接買えたり話が聞けたり、加工品を販売していたり、飲食店が出店していたり。

いろんな人の暮らしが凝縮された発表会のような空間でした。

特長的だったのは出店、お客さん共に、老若男女が多国籍だったこと!

ボーダーレスで、それが普段の光景。

そんないつもの神戸がひとまとまりとなったマーケットです。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

開催日

開催は土曜日、雨天決行。(荒天の場合は中止)

秋(10月〜12月) 9:00〜12:30

冬(1〜3月) 10:00〜13:00

早めに行った方が食材が多いと思われます!

※開催日や開催時間は変更になる可能性があるので、詳細情報は公式ホームページをご確認ください。

休憩は芝生エリア「URBAN PICNIC」で。

ひとしきり堪能した後は芝生エリアで一休み。

実はこの芝生エリアは「URBAN PICNIC」(アーバンピクニック)というアウトドアリビングの提案スペースでもあるのです。

芝生

アーバンピクニック

カフェ

スケジュール

アーバンピクニック

休憩スペースや、読書の空間、カフェなどが設置、卓球台もあります!

ゆっくりとアウトドアを楽しめ、東遊園地を有効活用しています。

残念ながら11月5日(日)で一旦終了とのこと。またの開催を心待ちにしてます。

URBAN PICNICの公式ホームページはこちら。

最後に。

神戸の文化を、等身大で体験できるイベントです。

敷居が低く、本当に誰でもふらっと立ち寄れるマーケット。

少しぶらついて、ふらっと買い物のできる優しい雰囲気が魅力的でした。

また行きまーす!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク