本日のおすすめプレイリスト「Vulfpeck / Mr Finish Line」

シェアする

スポンサーリンク

Vulfpeck 「Mr Finish Line」

Vulfpeck(ヴルフペック)はアメリカ、ロサンゼルスのファンク・バンド。

ファンクといってもブラックミュージック色はそれ程濃くなく、ポップでユニークな曲調がおしゃれな、ぼくの大好きなバンドです。

「Mr Finish Line」は昨日リリース!(2017年11月7日)

マークしてた訳ではないですが、アップルミュージック様のおかげで情報をキャッチできました!

かっこいい!

そして相変わらず、かわいい!笑

スポンサーリンク




音選びに新しいセンスを感じるバンド。

きれいで小気味良いカッティングのギター、シンプルで無駄のない要所で決めるドラム、そして何よりぼくが好きなのはベース!

古き良き時代の音がなんとも言えず、またファンクなベースラインが、ギターやボーカルの下で歌うように流れています。

どのパートも遊び心があり、最小限で曲を完成させる音楽センスが素晴らしい!

前作の「The Beautiful Game」も秀逸な作品。

2曲目の「Animal Spirits」と4曲目の「Conscious Club」、10曲目の「Cory Wong」を是非聴いて頂きたいです!

サウンドに特徴があって、彼ららしさ満開です。

尖った曲ではなく、ちょいノリな感じでさっくり聴けるのが良いところのひとつ。

「Mr Finish Line」おすすめは1、3、4、8曲目。

ミニマル・ファンクバンドと呼ばれるVulfpeck。

「Mr Finish Line」でも音の数が少ない曲たちをイメージして聴いていましたが、アルバムが中盤にさしかかるにつれて、バンドサウンドにも厚みが出てきました。

でも心地よい程度の厚みです。

畳み掛けてこない、リラックスして聴けるBPMとノリの良さはまさにミニマル・ファンクバンド。

キメの独特なノリと(仰け反るような少し遅れがちなキメ)、シンプルながらも構成をしっかり練った音楽感で、飽きることなく次の音を期待してしまいます。

それからブラックミュージックを漂わせるメロディーと、キュートな音使いが絶妙にマッチしています。

Jackson5を彷彿とさせると言えば近いかな?

1曲目の「Birds of a Feather, We Rock Together」がアルバムの始まりとしては意外な感じがしましたが、随所に彼ららしさが出ています。

Antwaun Stanley(アントウォウン・スタンリー)との相性も良く、おしゃれでメロディアスな仕上がり。

3曲目の「Mr. Finish Line」はアルバムタイトルにもなっている曲だけあって、アメリカらしい、ポップファンクといったイメージ。

ボーカルとギターが心地よいハーモニーを奏でています。

4曲目の「Tee Time」。ぼくはVulfpeckのインストの曲が好きで、大音量で聴きたい一曲です。

いや聴きたいじゃなく、クラブとかで開放感を感じながら踊りたいなと。

8曲目の「Vulf Pack」。バンド名を曲名にしちゃった。

しかしそれもそのはず、この曲がまさにぼくのイメージするVulfpackです。

他の曲にも言えることですが、どこかノスタルジックでレトロな印象がありながら、それが新しく聴こえるセンスを彼らは持っています。

本音を言えばヘッドホンでもなく、クラブでもなく、ライブが見たい!(当たり前)

どうです?かっこよくて、かわいいでしょう。

来日待ってます。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク