仕事を辞める前にやっておきたいこと。次のステップに進む為に、毎日少しずつ辞める努力をする!

シェアする

仕事に不満があったり、嫌になったらやるべきこと。

悩み

毎日会社に行くのが辛い、上司と合わない、などの理由で退職や転職を検討する方は多いと思います。

またキャリアアップやスキルアップの為に、次のステップに進みたい人もいるでしょう。

(ぼくは前者でした。笑)

そのように転職を考えている人たちへ伝えたいことは2つあります。

ひとつめ

きれいに退職すること

間違っても無断欠勤しないように!笑

自分の経歴に傷をつけるだけでなく、周りにも迷惑がかかってしまいます。(※無理は禁物です)

世間は狭いです、次の転職先で、今の会社と関わる可能性もあります。

そして大事にしたいのは人、人脈は宝です。

今の会社で知り合った人は、今後の人生でも関わるかもしれません。

ふたつめ

仕事を辞める前に行動すること。

転職活動や勉強をしながら、現在の仕事を続ける方が、精神的にも金銭的にも楽です。

辞めてからだと焦りやプレッシャーがきついです。

「したたかに」そして「スムーズ」に会社を辞めて次のステップに進めるよう、下記にまとめました。

スポンサーリンク




プラス思考でキャリアチェンジを!

いきなりマインド的な話ですが。笑

転職はキャリアアップ、スキルアップのチャンスだと思ってください。

転職活動をするだけで、世間を知ることができるし、自身の経験にもつながります。

情報を察知する能力も養われるので、まずは転職について前向きに考えるようにしましょう。

退職の方法

今度は具体的に、世間一般のお話です。

道

「退職願」と「退職届」の違い

「退職願」は「会社に退職させてくださいとお願いする書類」のことです。

対して「退職届」は「会社を辞めますと届け出る書類」です。

よって「退職願」を提出しただけでは退職できません。

辞めると決めた段階であれば、会社に報告する際は必ず「退職届」を出しましょう。

(ある先輩はいつでも辞められるよう、常に退職届をかばんに忍ばせていました。笑)

社内規定をしっかり読んでおく。

会社によると思いますが、「退職を届け出る場合、○ヶ月前に上司に申し出ておくこと」などの規定がある場合があります。

会社の規定=社会のルール(法律)ではありませんが、この規定は守っておくことをおすすめします。

なぜなら冒頭に書いたように、スムーズに辞める為です。

また会社も引き止めることが難しくなります、なぜなら社内規定に反していないから。

これは「したたか」に会社を辞める方法のひとつです。

それから、退職金についても調べておきましょう。

あと1ヶ月退職を遅らせていればもっともらえたのに!とかなっちゃうともったいないお話です。(辞める時にそんな余裕はないかもしれませんが)

これはボーナスがもらえる時期にも当てはまりますね。

このあたり、会社によってルールが違うかと思いますので明確にしておいた方が良いですよ。

自分の身を自分で守る為に必要な知識です。

履歴書、職務経歴書の準備。

書類

いつでも行動できるよう、履歴書や職務経歴書は書いておきましょう。

これが非常にめんどくさいのです。笑

大学や高校を卒業した日、覚えてますか?自分の職務経歴を、すぐにA4用紙1、2枚程度に書き出せますか?証明写真が撮れる場所、把握できていますか?

当たり前ですが、普段書き慣れていない書類です。

マッチしそうな会社に巡り会え、書類を送って欲しいと言われればすぐに送れるよう、しっかり準備をしておきましょう。

複数の転職サイトに登録する。

登録

以前、3つの転職方法という記事を書きました。(体験したからアドバイスできる、3つの転職方法

そのうちのひとつ、最もおすすめの方法として、転職サイトへの登録をおすすめしています。

王道中の王道ですが、やはり最新の情報をリサーチするのは理にかなっています。

仕事で考えてみましょう。

例えばA社に営業をかける場合、A社のことは調べ、競合のB会社や自社との相性を考えたりしませんか?

このようにリサーチは基本中の基本です!

転職とは、自分の人生における仕事のひとつです!(なんかスケールが大きくなりましたが。笑)

またポイントとなるのが「複数登録すること」です。

どの転職サイトにも掲載されている会社は要注意、常に人材不足=人がすぐ辞める会社です。

またサイト掲載後、倍率の高い会社だとすぐに応募が締め切られてしまいます。

そういった落とし穴を見つけること、そしてチャンスを逃さない為にも複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

リクルートなど、有名どころはとりあえずチェックしておけば無難です。



スキルを身に付ける。

勉強

未経験の業界に転職したい方は必須です。

ではどんなスキルを身に付けるのが良いのか?

それは「好きこそものの上手なれ」です。

せっかくの転職の機会なので、得意分野のスキルを伸ばす為に、何か勉強を始めることをおすすめします。

例えばパソコンやスマホを触ることが好きな方は、エンジニアやWEBプログラマーが向いているかもしれません。

操作に慣れている人じゃないと、仕事のイメージすらつきにくいからです。

IT業界は人手が不足しているので特に求人が多いでしょう。

ただしスキルがないと求人に応募することすら躊躇してしまいます。

本気でやるならスクールを受講しましょう。

未経験からIT業界へ転職なら【WebCampPRO】
と謳っているようなスクールに通えば、未経験からの転職でも有利に進められるんじゃないかと。(特にプログラミング能力はかなり有利でしょう)

スクールはしっかり勉強をサポートしてくれるところを探してみてください。

スキルを身に付けておけば就職にも繋がり、将来フリーランスとして活躍できるかもしれません。

なので、専門のスクールでみっちり勉強することをおすすめします。

また、実務経験などのカリキュラムを組んでくれたり、就職までをサポートしてくれる教室がおすすめ
(かなり珍しいですが。笑)

可能であれば、無料でカウンセリングや体験ができるところを探してください。

スクールは探せばかなりの数が存在しますが、WEB上でも勉強できるのはITならではの大きなメリットかもしれません。



会社を既に辞めてしまった場合は、職業訓練を受講するのもひとつのプラン。

職業訓練校に入校して、失業保険を受けながら専門のスキルを学ぶことができる、という夢のようなシステムがあります!

これまで雇用保険を払っていた人は全員、失業保険を受け取ることができる権利を持っています。

通常、退職約3ヶ月後から受給できる失業保険ですが、職業訓練校に入校すれば、すぐに受給資格を得ることができます。

※失業保険について、細かい制度の説明は省略します。

職業訓練校に入校して、どんなスキルを身に付けることができるのか、これは各都道府県によってプログラムの内容が変わります。

一般的なのはワード、エクセルなどの基本を身に付け、事務職への転職を目指すプログラムや、WEBデザインの養成プログラムが多いかと思います。

ただし、教えてくれるのは本当に基礎の部分です。

実際のところ、社会で役立つかと言われれば、少し使える程度のスキルが身に付きます。

が、会社で役に立つかと言われると一概には言えません・・・。

やはり実務経験者の方がスキル、経験、何をとっても強いです。

お金をもらって勉強をするというのは素晴らしいメリットですし、履歴書にも書けるのでおすすめはできますが、あくまでも「繋ぎ」と考えてください。

また忘れてはいけないのは、職業訓練校で働いている人たちは「受講者を就職させること」が仕事です。(勉強させることが目的ではありません)

実際に転職のサポートはしてくれますが、結局のところハローワークや転職サイトを使って自分で探すのが、自分にマッチする会社に就職できる近道です。

もし本気でスキルを身に付けるのであれば、やはり上記の専門のスクールなどで話を聞いてみる方が良いと思います。

※失業保険や職業訓練校についての詳しい情報は、各都道府県にお問い合わせください。

正社員、契約社員、派遣社員にこだわらない。

OK

これは賛否両論あると思います。

ぼくは契約社員や派遣社員でも良いと思っています。

履歴書にブランクがあるよりマシですし、仕事も見つかりやすいです。

また紹介予定派遣で入社すれば、将来の正社員登用が約束されています。

また職業訓練のところでちらっと書きましたが、実務経験があるのは転職に有利です。

異業種への転職を考えている人は特に、正社員にはこだわらず、派遣や契約社員で実績を積むというのもひとつの方法かと思います。

リクルートスタッフィング
などは大手です。

上の方でも貼りましたが、一応リンクを貼っておきます。笑


まとめ

前向きにキャリアチェンジを考えましょう。

悩むのは立ち止まること、考えるのは進むことです。

またこれだけインターネットで情報が得られる時代なので、ぜひ色々な仕事を調べてみてください。

また人材サービスやスクールは是非活用してください。

それが近道ですし、最終的に新しい仕事を選ぶのは自分次第です。

人材サービスやスクールが自分に合わないなと感じたら、それも経験、です。

ぜひ前向きな転職ができますように。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク