【引越のコツその2】買い取りサービスを利用して断捨離と片付けを兼ねる

シェアする

スポンサーリンク

一人暮らしや転勤、同棲や結婚を機に引っ越しを考えている人は多いかと思います。

これから引っ越しを控えている人、考えている人へ、ぼくの経験を活かしてくれたらと思います。

今回は引っ越しに伴う荷造りや片付けについてお話。

普段の片付けや掃除ではめったにお目にかかれないもの、そんなものが荷物をまとめると必ず出てきます!

〇〇鑑定団とかに出せるような代物ならともかく、大抵そんなものは捨ててもいいはず。笑

この機会に物も気分も一新、整理整頓しましょう。

 

あわせて読みたい引っ越し関連記事

【引越のコツその1】できるだけ安い費用で手続きを済ませる!面倒な手続きや、やることを効率良くこなすポイント

一人暮らしや転勤、同棲や結婚を機に引っ越しを考えている人は多いかと思います。
これから引っ越しを控えている人、考えている人へ、ぼくの経...


【引越のコツその3】引っ越し業者・会社のおすすめの選び方。信用のある業者?安い業者を選ぶ?

一人暮らしや転勤、同棲や結婚を機に引っ越しを考えている人は多いかと思います。
これから引っ越しを控えている人、考えている人へ、ぼくの経...


【ネット開通まとめ】自宅でインターネットをつなぐ方法。回線やプロバイダのおすすめ選び方
インターネットは、今や仕事や生活に必須のインフラ。

ぼくも今ネットが途切れてしまったら仕事になりません。

日常的に当たり前のよう...

引っ越しは荷物を整理するチャンス

スーツケース

普段は面倒だったり、捨てるに捨てられなかった物、どの家庭にもあると思います。

スポンサーリンク




引っ越し時に断捨離するメリット

  • 整理整頓できる。
  • 手持ちの荷物が減る。
  • ダンボールの数が減る
  • 荷物が減るので、引っ越し費用の節約にもなる(ダンボールの個数で料金が変わることがあるので)
  • 新居での新生活がスムーズに。

このように多数のメリットがあります。

引っ越しは全ての荷物を運び出すことになるので、嫌でも整理整頓しなければなりません。

なので、売れる物は売って、売れない物は捨てるようにすれば良いです。

また、売る場所はひとつにまとめた方が有利です!

どこが一番高く買い取ってくれるか、大事ですが細かく考えすぎると挫折します。

メルカリやヤフオクで出品するのもひとつの手ですが、スピーディーに片付けが進まないし、そもそも売るのが目的ではないはず。笑

今回は引っ越しに伴う片付け、という前提です。

大まかに分類分けして、おすすめの買い取りショップをまとめたので紹介します。

売る時は、その分野の専門店に売った方が断然有利です!

ジャンルごとのおすすめ買い取りショップ

本、ゲーム、CD、DVD、ブルーレイ。

コレクション以外は手放すことをおすすめします。

ダンボールの個数も多くなるし、非常に重たいです。

ネットオフ

日本最大級のオンライン中古書店です。

Tポイントとダンボール箱が嬉しい。

送料と手数料がかからないという素晴らしいメリットがあります。

これはすごく大きいこと。

本やCDはすごく重たく、かさばります。

テキスト ポン

本の番外編です。

教科書や参考書の買い取りをしてくれるお店!

テキストポンは教科書5冊から送料無料、全国宅配買取対応、書き込みや汚損等も買取対象です。

もう絶対使わないであろう、社会に出ても役に立たない本は売っちゃいましょう。笑

カメラ

スマホの普及で使わなくなった、そんな方が多いと思います。

少しでも使うかも・・・?と思って取っておいたけどやっぱりスマホで写真を撮る方が楽ですよね。

また逆にカメラが好きで、古いカメラの処分に困っている人、この際断捨離してしまいませんか?

カメラのリサマイ

プロによる査定で、愛着のあるカメラをじっくり見てもらえます。

専門店の良いところは、目の肥えたプロに見てもらえるところ。

単純にメーカーや型番だけでの判断だけではありません。

オーディオ

スピーカーやアンプ、手放せない気持ち分かります・・・。

ウチにも眠っているんです、でも活用方法がないんです。

引っ越しを機に、せっかくなのでおさらばしましょう・・・。

オーディオサウンド

高く値段が付けば、の話ですがね。笑

カメラと同じく、プロにしっかり査定してもらいましょう。

楽器

これは心苦しい。

ぼくは楽器はあればる程良いと思ってるタイプなのであまりおすすめしません!笑

でも一応、紹介します。

楽器が場所を取るのは間違いなく事実です。

それに眠っている楽器があるのも認めます。

中古楽器堂

楽器は弾いてなんぼの物。

買い取ってもらって、次の持ち主のところへ行く方が楽器の為になるかもしれません・・・。

ディスプレイとなった楽器程、悲しい物はないですからね!

押入れの奥なんてもってのほかです。

弾きたくなったらまた買いましょう!

まとめ

趣味で集めていたものは特に、実際に手放すとなると心苦しく感じますよね。

自分自身がそうなので、すごく分かります。

なので、そういった人は一度査定に出すことをおすすめします。

実際の価値を調べてもらい、それなら持っておいた方が良いという価格であれば、手放さずに新居でも使ってやれば良いと思います。

査定が無料のショップもあるし、WEBで査定してくれるお店もあるので、ぜひ一度検討してみてください。

※掲載の情報は2017年11月現在の情報です。詳細は公式サイトをご確認ください。

併せて読む

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク