本日のおすすめプレイリスト「Benny Sings / Benny…At Home」

シェアする

スポンサーリンク

Benny Sings「Benny…At Home」

Benny Sings(ベニー・シングス)はオランダのミュージシャン。

電子音と生楽器を交え、ポップなメロディが耳馴染みの良いぼくの大好きなアーティストのひとりです。

「Benny…At Home」は2008年の作品。

おしゃれなバックミュージックと、口ずさみたくなるメロディの曲が多く、初めてベニー・シングスを聴く人にとっておすすめしたい1枚です。

スポンサーリンク




「ポップ・マエストロ」と呼ばれるメロディセンスとバックミュージック

「DTM」でトラックを作り、それに乗せて歌うスタイルをルーツとしています。

DTMとは:パソコンを使って音楽制作をすること。

【音楽用語】DTMについての初歩的なこと。
DTM(デスクトップミュージック)について。 簡単に言えば、パソコンで音楽を制作すること。 音楽のジャンルのことではないです。 ...

コンピューターの電子音と生楽器をバックサウンドに取り入れ、どこか懐かしさも感じるのが逆に現代的で、センスの良さが際立ちます。

ポップなメロディは日本人の耳にもすっと入りやすく、歌声が甘くまろやかでゆったり聴ける楽曲が特長的。

機嫌良く聴けるのがベニー・シングスの曲の良いところ。

軽いノリでとてもおしゃれ。

体をゆらしながら聴くと気持ちいいです。

後ノリの感じ(溜めるようなノリのこと)とか隙間をもたせた楽曲がたまりません。

様々なアーティストをプロデュース、コラボも。

ベニー・シングス率いる音楽レーベル、「Dox Records」は、Wouter Hamel(ウーター・ヘメル)、Giovanca(ジョヴァンカ)も所属し、ベニー・シングスは彼らのプロデューサーとしても知られています。

それぞれの個性を活かしながら、独特のエッセンスを加え、足し算ではなく掛け算でもなく、お互いの良さが入り混ざるようなプロデュースが魅力。

ちなみにぼくはジョバンカの歌声も大好きなので今度レビューします。

また土岐麻子やcero、KanSanoやスキマスイッチなど、日本人ともコラボしています。

この制作動画、いいなぁ。

おすすめは2、3、6曲目

ミドルテンポの軽いノリの2曲目の「For Your Love」

同じくミドルテンポ「Blackberry Street (feat. Urita)」

そしてスローテンポの3曲目の「Let Me In」

いずれもライトに聴けて小さく踊りやすく、耳に良い音楽です。

他のアルバムも日本人に馴染みやすく、素敵な曲がたくさんあります。

ぜひベニー・シングスの頻繁な来日をお待ちしております。笑

というか、本音を言えばオランダで聴きたい。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク