妊娠中のママが助かること。パパにやって欲しい簡単なことは、日常生活の些細なサポート。

シェアする

スポンサーリンク

サポート妊娠期間中、女性はママになる為の準備で体調がどんどん変化します。

ウチは現在妊娠8ヶ月目。

お腹もどんどん大きくなって、日常生活にも影響が出てきたみたいです。

友達に先輩ママが何人かいるので、妊娠中にやって欲しいことを聞いてみました。

日々仕事で疲れていてもできそうな些細なこと、日常生活でママが助かる3つのことを紹介します。

スポンサーリンク




お風呂掃除

友達のママに聞いて一番多かった意見がお風呂掃除でした。

考えてみれば、前かがみになったりするのは確かに大変そう。

それに濡れた場所での作業は危ない。

考えれば当然のことですが、なかなか思いつかないです。

また普段はシャワーだけで過ごしている人も多いと思います。

妊婦さんの為にも、自分の為にも、お風呂にお湯を溜めてしっかり体を休める良い機会になるかもしれません。

マッサージ

体型の急激な変化で、足腰の負担は大きいに違いありません。

お腹が大きくなると、重心が前に傾いてしまい、腰への負担が大きくなってしまいます。

もし足や腰が辛そうなら軽くマッサージしてあげると喜んでくれるかもしれませんよ。

ただし強いマッサージはやめておきましょう。

妊娠中はうつ伏せになるのがしんどいので、軽いマッサージでじゅうぶんだそうです。

一緒に検診に行く

検診についてきてもらうと心強いそうです。

ぼくは何度か検診についていきました。

その際、どういう生活を送れば良いのかをお医者さんから直接聞くことができ、日頃何をしてあげれば良いか考えることができました。

例えば1つ目に紹介したお風呂の件。

体を温めない方が良い場合もあるそうです。

お腹に張りがある時は逆に温めず、さっとシャワーですませるようにしなきゃいけないとのこと。

こういう意見はお医者さんからの指示がないと、自分では判断できません。

検診に行くには最低でも半日以上、仕事を休む必要があると思うので難しいかもしれません。

無理のないように夫婦で予定を合わせて、是非一度検診に同行することをおすすめします。

妊婦検診や両親学級など、パパが参加できるプログラムもあります。

ぼくも参加しましたが、育児への関心が高まって知識も増えます。

超音波検診、結構おもしろいですよ。

まとめ

サポート

今回は3つだけ紹介しましたが、実際はもっともっとやってあげられることは多いはず。

日頃やってもらっていることを、少しでも分担できるようになるとママも助かると思います。

中には頼むのが苦手、というママも。

パパも仕事で疲れているので、色々頼むのは悪い、という優しいママもいました。

逆に靴紐を結んで欲しいとか、靴下を履かせて欲しいなんていう意見も。

でも実際にお腹が大きくなってくると、本当に些細なことでも影響が出てくるんですね。

妊娠中はこれまでの生活を見直すチャンスでもあります。

細かい気遣いを大切に、ママと生まれてくる子どもの為にがんばろうと思ってます。

あわせて読みたい

【パパになる、家族が増える準備、10のこと】父親として、家族が増える前にやっておきたいこと。
これからパパになる方へのメッセージ。 パパになるということは、なかなか実感が持てません。 妊娠中のパートナーと違って、体調や体型...
【保存版】妊娠中に揃えておきたい物まとめ。と、旦那ができること。
前回は入院に必要な準備物をまとめました。 今回は赤ちゃんの為に必要な物です、妊娠中に準備しておきたいですね。 妊娠中は特に体に気...
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク