MacのパソコンでWindowsを操作する方法。純正のBoot Campを使って一件落着。

シェアする

スポンサーリンク

仕事でデータをやり取りする上で、どうしてもWindows環境が必要になりました。

自宅のメインPCはMac。

OS

結局「Windows10」のOSのみを購入し、Boot Campを使い、Macにインストールさせることにしました。

スポンサーリンク




事の発端は「.exe」が開かないこと。

Skypeで送られてきた「.exe」の拡張子ファイルがMacで展開できませんでした。

ぼくはOffice365を契約しているのでWordやExcelは問題なく扱えるのですが、どうも調べて見ると「.exe」はMac環境では展開できないとのこと・・・。

正直、多くの会社のPC環境はWindowsということは分かりきっていたので、もう一台WindowsのPCを買うかどうか前々から悩んでました。

が、結局MacのBoot Campを使ってWindows10を導入することに。

PCは低スペックのものでも何万もするし、何よりMac1台で仕事したいので。

Boot Campとは、MacのPCでMac OSもWindowsも使えるようになるソフトです。

Macに標準で付いている便利なサポートソフトです。


「.exe」を扱う方法は他にもあるようなのですが、できれば純正の機能やソフトを使いたいと思うのがぼくの頑固なところ。

それに変な誤動作があってクライアントに迷惑かけてしまうのを恐れていたので、一番確実な方法を選択しました。

MacにWindows10をインストールする方法

半日ほど悪戦苦闘しながら無事インストールができました!

普通はもっと短い時間でできるはずだし、心臓に悪い出来事も体験しました・・・。

ぼくが参考にさせて頂いたサイト様を紹介します。

「MacでWindowsを使う」というサイトです。

BootCampでWindows10を使う方法
MacではWindowsを使う方法としてBoot Campが標準でサポートされています。 BootCampでは誰でも簡単にWindows 10をインストールして使うことができます。 目次 必要なものを用意するWindow

非常に分かりやすく簡潔に書いてくれているので大変助かりました。

もしもBoot Campを使ってWindows環境をMacに入れたい方は、上記のサイトを参考にすることをおすすめします。

この場を借りて、感謝です!

「OS X のブートボリュームが見つかりませんでした」の文字に冷や汗

無事インストールが終わり、Windowsの設定をひととおり済ませました。

後はMac OSとデータのやり取りをするだけだなーやっぱりクラウドかなーとか考えていてふと疑問が。

あれ?Mac OSにどうやって切り替えるの?

再起動してもOSを選べなかったので、Windows内を探すことに。

すると画面右下にBoot Campの文字が!

Boot Camp

助かったー!これかー!と思ったのも束の間。

使用できない

「OS X のブートボリュームが見つかりませんでした」????

ここで今日一番の冷や汗です。

「もしかしてやっちゃった?Mac OS消しちゃった?」と思いました。

一旦冷静になり、iPhoneで解決方法を調べます。

工場出荷時に戻す、という最悪の展開も予想しました・・・。

キーワードはそのまま検索、「OS X のブートボリュームが見つかりませんでした」と。

するとすぐにAppleの公式サイトに回答が!

macOS High Sierra で Windows と macOS を切り替える
macOS High Sierra で Boot Camp を使っている場合、「option」キーを押しながら Mac を再起動して、オペレーティングシステムを選択できます。

なんと再起動時に「option」キーを押しながら操作が必要だとのこと!

心の中で「タスケテー」と祈りながら、いつもより強めに(なんとなく)「option」キーを押しながら再起動。

こうして無事、Macの世界に帰ってこれました・・・。

導入に必要なものや情報は計画的に。

結果的に無事インストールもOSの切り替えも成功し、なんとか環境は整いました。

初めての作業で不安もありましたが、もっと慎重に行動してたら良かったです。

なんとかなる精神でパソコンを触ると、結構ロクなことにならないですよね。

今回は事なきを得ましたが、同じ作業をされる方はぼくのように焦らないよう、しっかりと準備をして挑むことをおすすめします・・・。

今回ぼくが用意(購入)したもの

実際に購入したものはOSのみでした。

環境によって必要なものや情報が変わると思いますので、以下参考にしてください。

OS(Windows10)

Windows10はHomeとProがあります。

ぼくにProの機能は必要なかったのでHomeを選択しました。

これも「MacでWindowsを使う」を参考にしました。

Windows10のProとHomeの違い
Windows 10にはHomeとProという2種類のエディションがあります。 ProはHomeのすべての機能を含んでおり、かつ追加で以下の機能を使えます。 リモートデスクトップサーバー BitLocker Window

次にUSB版かオンラインコード版かを選びます。

USB版だと、ソフトが入ったUSBが送られてくるようです。

USBメモリがもらえるのはありがたいですが、すぐに手元に欲しかったのでオンラインコード版にしました。

※注意点

オンラインコード版で購入すると、プロダクトキーと呼ばれる認証コードが発行されます。

Windowsのセットアップを始める際、このコードが必要になります。

ぼくはこの認証コードをメモしていなかったので、インストールを最初からやり直すハメになりました!

Windowsのセットアップ中は、Mac OSを触ることはできません。

なので認証コードを確かめる為に、一旦セットアップを中止することに!

認証コードはメモするなり、写真で撮っておくなり、印刷するなり、必ず手打ちで入力できるようにしておきましょう!

ちなみに認証コードをメモするのを忘れたとしても、一度購入しておけば再取得できるのでご安心を。

USBメモリ

インストールの際に16GB以上のUSBメモリが必要になる場合があります。

最近のMacであればいらないみたいですが、ぼくは必要だったので手持ちのUSBメモリを使いました。

Boot Camp実行時にUSBメモリが必要だそうなので、WindowsのUSB版を購入しても必要になってくるみたいです。

このあたりの情報も、「MacでWindowsを使う」で確認しました。

BootCampとUSBメモリ
MacでWindowsを使うためにはMac本体とWindowsがあればいいのでしょうか? WindowsのバージョンとMacの機種によります。 Windows 10以外ならDVDドライブが、古いMacなら16GB以上のU

情報収集

上記お世話になったサイト「MacでWindowsを使う」の他、Appleの公式サイトも読んでおきました。

Boot Camp - Apple サポート
Boot Camp を使って Mac に Windows をインストールして使う方法をご案内します。Boot Camp に関するさまざまなトピック、関連情報、お問い合わせ方法についてご案内します。

しておけば良かったこと

バックアップ。

基本中の基本です!

なぜかそれを忘れていました。

おそらく早く仕事を進めないと、という焦りもあったのでしょう。

いや、言い訳にはなりません。笑

バックアップはコンピューターを触る上での基本です。

必ず行うことをおすすめします!

そしてもっとしっかり情報収集しておけば良かったです。

インストールにはただでさえ時間がかかるので、どういう手順で進めるべきか、しっかり把握しておけば半日も費やすことはありませんでした・・・。

まとめ

結果として、無事Mac上でWindows環境が整いました!

本当に「MacでWindowsを使う」様には感謝です!

これからWindows環境で仕事を進める上で、またお世話になりそうなサイトのひとつです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク