初めての哺乳瓶。最近の赤ちゃんには湯冷ましの必要がない!?

シェアする

スポンサーリンク

いよいようちのベイビーちゃんが臨月に入りました。

ちょこちょことベビー用品を買い足したり、検診に連れ添ったりして環境が整いつつあります。

ほとんどのものはもう用意できたはず・・・と思いながら、先日病院で最終確認しました。

すると昔の常識は今の非常識?湯冷ましは最近の子供にはほとんど飲ませないそうです。

スポンサーリンク




湯冷ましは必要ない?

湯冷ましを飲ませる為に、小さめの哺乳瓶をひとつ用意していました。が、病院の先生曰く湯冷ましを飲ませる必要はないとのこと!

今の50代〜60代ぐらいの世代が子育てをしていた時代は、ミルクを飲ませた後、湯冷ましを飲ませることが基本だったようですが、最近は湯冷ましを飲ませなくても良いそうです。

便秘がちや発熱時など、水分を多く取らせたい時にあげるのがベター、それ以外の時はミルクだけでじゅうぶんだそうです。

参考サイト

[ママリ]
ママリは「ママの一歩を支える」をテーマにした、妊活・妊娠・出産・子育ての疑問や悩みを解決する情報サイトです。妊娠超初期症状や出産準備の悩み、また育児にまつわるお金や教育の疑問や心配など、家族の中心で頑張るママの選択を支える情報を発信していきます。

まだまだ勉強することは多いなーと思ったり、知識が増えていくのは楽しいなーと思ったり、子どもが産まれるともっともっと知識が必要だなと実感しました。

購入した哺乳瓶は湯冷まし用でとりあえず小さいものを・・・と考えていたので無駄な買い物になってしまったかと思いました。が、実際に赤ちゃんが飲むミルクの量は少ないので、しばらくは購入した哺乳瓶で問題なさそうです。一安心。

ピジョン、新生児からの哺乳瓶を購入

購入した哺乳瓶はこちらです。

新生児から使え、なおかつガラス製のものにしました。

プラスチック製ではなくガラス製にしたのは、熱を冷ましやすく温めやすい、温度の調整がしやすい、頑丈などの理由からです。

またAmazonのレビューなどを見ているとプラスチックは横漏れするとか、汚れが落ちにくいなどいう感想もありました。

ガラス製のデメリットとしては重い、割れる心配があるといったところです。でもそこは親であるぼくたちが我慢したり、気をつければ良いところ、赤ちゃんの為にはガラス製の方が良いのかなと思いました。

最後に

いつ産まれても良い状態まで持ちこたえてくれました。後は母子ともに元気に退院できることを祈るのみ。

今日もお腹の中で元気に暴れまわっています。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク