特別とされていたことが普通になり、初めてスタンダードとして認識される。

シェアする

スポンサーリンク

まだ特別な感情が入る時代なのか、と感じたこと。

年末の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で浜ちゃんの黒塗りメイクが差別的だと批判された意見について。笑える、笑えないは好みによるけれど、エディ・マーフィーの真似をする為に顔を黒く塗ることに、何のヘイトがあるのかと感じました。

日本の大晦日お笑い番組で黒塗りメイク 怒りと反発も
ダウンタウンの浜田雅功氏が大晦日のお笑い番組で、エディー・マーフィーに扮するため顔を黒く塗った。これは人種差別なのかどうかで、議論になっている。

黒人に扮装する為には黒塗りすることは当たり前でしょう?そして肌が黒いことの何がいけないことなの?それとも黒人のモノマネをすること自体いけないこと?タブー?

スポンサーリンク




人種差別的意図でモノマネをしているわけがない

ぼくは30代前半ですが、小学校の頃から差別は良くないと教育されてきました。「良くないこと」と教えられ、なぜ差別がダメなのかまで理解しているつもりです。

テレビ局側が差別的表現を、ましてや年末の特番で放送する、ありえません。差別と認識していないからこそ、表現できる笑いだったのかと思います。

そしてそれを意識せずに接すること(今回の黒塗りを含める)が、本当の差別撤廃に繋がるにではないかと考えています。

心無い人や理解不足の人にとって、黒塗りをした時点で「差別だ!」と声を上げ、それに同調するのは差別を助長しているにすぎません。

ただしこれによって気付かされたのは、世界的に見れば差別の文化はまだ根強く、ニュースになるネタになってしまっていること。

差別をなくしたいのであれば、黒塗りに対してネガティブな反応を覚えるべきではなく、自然に反応できるような個人、組織、社会になるべきだと思う。

「イクメン」は便利な言葉だが、なくなって欲しい

現在「イクメン」という言葉が曖昧な定義のまま流行っています。育児をする男性、という意味ですが、これはどこまでの育児のことを指すのでしょう?

積極的な育児参加をする男性は、これまでも存在していたはず。育児に批判的なパパは存在しません、少なからず我が子の成長、育児に携わっているはず。

「イクメン」とう言葉のせいで、積極的な育児参加がしにくい状況です。

便利なので、手っ取り早く自己紹介をする時に使える言葉ですが、個人的には「イクメン」と読んで欲しくないです。

「スチュワーデス」「保母さん」という言葉がなくなったように、女性固有の名称はどんどん消滅しつつあります。

加えて女性の社会進出、キャリアウーマンが当然の時代になり、主婦が減り、主夫が増える傾向にあります。それぞれの家庭やライフスタイルにあった個人の自由、変化、常識に捉われない生き方が求められる昨今です。

男性が育児をしても「イクメン」と呼ばれない時代が早く訪れて欲しい。育児は女性だけの仕事でもなく男性だけでも成り立ちません。「イクメン」と呼ばれると少々息苦しいです。

その息苦しさは自分の思い込みかもしれませんが、特別な感情なく「イクメン」と呼ばれるにはもう少し時間がかかりそうだなと感じています。

「弁当男子」という言葉が流行ったから弁当作りを辞めた

男性がお弁当を作って会社に持っていく、「弁当男子」。ぼくは一人暮らしの時代に「弁当男子」という言葉が流行る前からお弁当を持参していました。

理由は会社の近くに飲食店が少なく食べに出るのが面倒だからです。

ただし、「弁当男子」という言葉が流行りだした時点で、何か気まずく息苦しさを感じたので、弁当を作ることを辞めました。

なぜちょっと変わったことをしている人に名称を付けたがるのでしょう?ぼくがネガティブな感情を抱いているだけかもしれませんが、そういった小さな区別やフィーチャーは、社会の中でのグループ分けを助長しています。

「愛妻弁当」もそうです。いちいち突っ込まないで欲しい。笑

最後に

社会の中でちょっとした違和感を感じることが多いです。それはきっとインターネットですぐに誰もが情報発信できるから、そしてすぐに察知できるからでしょう。

また逆に自分が炎上の対象にされたらどうしようと怯え、正しいと思うことが発言しにくいこともあります。大きな自信や確証がないとすぐに叩かれてしまいますから。

またマイノリティが浮き彫りになりやすいのは、ある人にとっては好都合で、逆に不都合を感じる時とも多いはず。不都合に感じる人は、自分の意見を発信しにくいですよね、

誰でも自由な意見やアイディアを世界中に発信できる時代だからこそ、単なるニュースで終わらせず、ディスカッションをして試合終了させないと不公平じゃないかなと感じます。特に今回の黒塗りの件、結局どうなの?と感じている世間の人も多いはず。

今はこのふわっとした状態が試合終了ということなのかな?なんだかもやもやと違和感を感じるニュースでした。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク