結婚に憧れを持たない男性・女性へ。もしチャンスがあるなら諦めて欲しくない。

シェアする

スポンサーリンク

経済的な不安、パートナーが見つからない、そもそも意欲がない。

そういった結婚に対して躊躇したり、諦めたり、興味を持たなかったりする人たちが多いと聞きます。

実際にぼくもそうでした。

結婚するきっかけは案外あっけないもので、趣味を通じて知り合った人とお付き合いし、タイミングと運が良く、家族になれました。

それまで本当に結婚願望はなかったし、結婚できなければそれで良い、ひとり気ままに好き勝手して人生を謳歌しよう、と考えていた程です(割と真剣に)

むしろ今でもそう思います。

ひとりで楽しく生きることもアリだし、結婚して2人で人生を歩むのもアリだし、子どもができれば育児にのめり込むのも、それぞれの生き方として許される時代です。

友人に「結婚したくない、もう諦めた」と言った女性がいます。

その子と話をしていて自分を振り返って思ったこと、結婚のメリットを考えてみました。

スポンサーリンク




話し相手に困らない

ちょっと話をしたい時に近くにいてくれると、助かります。

別に内容の薄い話でも良いし、「〇〇食べたい」とか。

要するに人間に向かって話をするという行為ができる、それだけでもありがたいです。

ぼくがなぜそう思うかというと、一人暮らしが長かったから、だと思います。

でも一人暮らしは苦じゃありませんでした、もともと一人が好きだから。

友達や家族、彼女と話すことは楽しいけど、一人の時間も欲しい。

そんな人って意外と多いんじゃないでしょうか。大人になって、そんな当たり前のことに気付きました。

自分だけがそうじゃないんだ、と。

それでも人間同士、絶対に相性の良し悪しはあります。

できるだけお互いの距離感や価値観が似ている人と結婚できれば、長く退屈な思いをしなくてすみます。

経済的・肉体的に助かる

現実的な話、と思うかもしれませんが、実際のところ人間は一人で生きるより集団で生きる方が楽です。

「規模の経済」という言葉を知っていますか?

簡単な話です、村単位、町単位、市単位、はたまた国単位。

全員で助け合えば、経済的にも肉体的にも助かるよ、という言葉です。

健康保険や雇用保険、年金なんかもまさにそう。

それの究極に小さくて身近なコミュニティが「家族」です。

助け合って生きていける人がいるというだけで、人生楽です。



たまに癒される

自分で自分を癒すことの難しさったらありません。

ぼくはそんな方法知りません。

テレビを見る、本を読む、音楽を聴く、ネットを見る、全部誰かの力をかりています。

結局、第三者に癒してもらうなら、身近で自分のことをよく分かってくれている人が良いです。

「今日こんなことがあったよ」とか「こんな夢みた」とか、もう本当にどうでもいいことを喋ったり、何もしないと決め込んで一緒に昼寝したり、寝癖を笑ったり。

それが当たり前になってしまうのは悲しいけど、ふと思い出したように癒されると、助かります。

つまるところ結婚すると自分が助かる

ぼくは自分の為に結婚して、今の生活があります。

嫌なことや悲しいこともあるし、楽しいことも嬉しいこともあります。

それは一人でも良いし、二人でも良いし、三人以上の家族で共有しても良い、人それぞれです。

でも結婚、パートナーがいることで、生活や気持ちが楽だな、助かるなと思います。

その分こっちも助けてあげなくては、と思いますけどね。

もしも結婚に迷っている、悩んでいるという人は諦めないでください。


何歳になっても諦めるのは良くないです。

きっと10年後には、「あの時行動しておけば良かったー」もしくは「あの時行動しておいて良かったー」のどちらかになっていると思いますので。

あと大事なことは「サボらない」こと。

仕事でも趣味でも、遊びでも、本気でやった方が楽しい上に成果は大です。

絶対に手抜きの婚活はやめましょう。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク