赤ちゃんにおすすめの歯固めはお米シリーズ!しっかり握ってガブガブ楽しんでます。

シェアする

スポンサーリンク

生後4ヶ月になった娘。

最近はよだれもたくさん出てきて、おもちゃやガーゼをちゅぱちゅぱするようになってきました。

自分で物を掴んで口元に持っていく姿が愛くるしくて、成長を実感できて、パパも嬉しくなります。

そこで前々から気になっていた歯固めのおもちゃを購入し、娘にあてがってみると、興味を示してくれて効果てきめん!

衛生面でも安心なおもちゃなので、おすすめの歯固めアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク




お米が原料の歯がため

国内産のお米を原料に作られた歯固めです。

赤ちゃんの口に入るものなので、素材にはこだわりました。

ネジや小さな部品もないので、誤飲の心配もありません。

大きな突起部もないため、赤ちゃんを傷つけることもなく、喜んでがぶがぶしています。

使用してみた感想やメリット

まだ歯が生え始めていない娘ですが、何かをガブガブした欲はある様子でした。

ガーゼや布団のような布だと窒息が怖いし、かといっておもちゃを舐めさせるのはちょっと怖い・・・。

泣き止んでくれる

赤ちゃんは理由もなく泣きます、まずその泣いている理由を観察することが大事です。

泣いている理由のひとつが、何かを口にふくみたい!という欲求だったようです。

夢中でガブガブしている様子を見ると、これが良かったんだね、という気持ちになれます。

もちろん、その他の理由で泣いているときだと、すぐに放り出してしまいます、分かりやすい。笑

しっかり物が持てるようになる

これまで身近にあるものを掴んだり、無意識にぎゅっと握ることはありました。

この歯固めは赤ちゃんが持ちやすく作られているので、今では片手や両手を使って歯固めを持ち、口に運んでいます。

もちろんまだまだ未熟なので、持ち方を教えてあげたり、口元に持っていってあげたりレクチャーは必要ですが、そのあたりは今後の成長に期待しましょう。

また、しっかり持てるようになったのは生後4ヶ月手前ぐらいでした。

そのあたりは個人差があるので、早めに、少しずつ慣れさせておくのが大切なのかな、と思います。

安心の国内生産「お米のシリーズ」

国内で生産、品質管理されている「お米のシリーズ」。

歯がための他にも、たくさんのおもちゃが作られています。

4ヶ月なのでまだ少し早いかもしれませんが、こういったおもちゃも買ってあげようかと思ってます。

安心して使える製品はプレゼント、贈り物なんかにも喜ばれるかもしれませんね。

何事にも興味津々の赤ちゃん。

思う存分、舐めて、かじって、触って遊んで欲しいです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク