漫画「ゆるキャン△」感想 第1話:ふじさんとカップラーメン

ゆるキャン第1話

「ほのぼのした漫画が読みたい」

「趣味が増えるような漫画ないかな?」

 

そんな方には、ぜひ「ゆるキャン△」をおすすめしたいです。

記念すべき第1話を読みましたので、感想やレビューをしていきます。

 

正直、これまで趣味系の漫画にはなかなかハマらなかったんですよ。

でも完全にどっぷりハマったので「ゆるキャン△」は本当におすすめです。

絵がめちゃくちゃかわいいし、何よりなんだか「アウトドア、してみようかな」という気持ちになります(あくまでもゆるーく)

 

目次

「ゆるキャン△」第1話のあらすじ:ふじさんとカップラーメン

キャンプ

あるひとりの女の子が、富士山の近くのキャンプ場でソロキャンプをしに行きました。

慣れた様子で黙々とキャンプをしていた女の子でしたが、トイレに行った際、とある少女と出会います。

 

少女の名前は「各務原なでしこ(かがみはらなでしこ)」。

 

女の子は、寒空の中寝過ごしてしまったなでしこにカップラーメンをご馳走し、2人で夜を過ごすことになりました。

そして翌日、なでしこのお姉ちゃんが迎えにきてくれて、一件落着となります。

 

女の子の名前はまだ明かされていません。

今後の展開で、だんだんと素性が明かされていくのでしょう。

 

「ゆるキャン△」第1話を読んでみた感想

テント

「ゆるキャン△」の第1話を読んで、アウトドアやキャンプの概念が変わりました。

これまでのアウトドアやキャンプのイメージは「男が本気で取り組むもの!」という感じでしたが「ゆるキャン△」は違います。

 

とにかくひたすらゆるいです。

 

寒空で女の子がソロキャンプをしたり、何も凝ってないカップラーメンをご飯にしたり…。

これまでアウトドアやキャンプの醍醐味とされていた「パーティー感」や「がっつり料理」などとは無縁です。

むしろ、それが心地良いので、ついつい「ゆるキャン△」の世界観に憧れてしまいました。

 

「ゆるキャン△」第1話の舞台(キャンプ場)

「ゆるキャン△」の第1話の舞台は、山梨県の本栖湖(もとすこ)になります。

富士山がきれいに見えるキャンプ場として有名です。

 

冒頭の標識にも「本栖湖」と表記がありますね。

また、なでしこが「もとすこのふじさんは千円札の絵にもなってる!!」と喋っています。

 

ちなみにモデル地は「浩庵キャンプ場(こうあん)」という場所で、山梨県のサイトでは以下のように紹介されています。

実際の写真もあるので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

【公式】富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報
アニメ ゆるキャン△第一話で登場したモデル地
アニメ ゆるキャン△第一話で登場したモデル地

 

「ゆるキャン△」第1話の見どころポイント(※一部ネタバレあり!)

焚き火

「ゆるキャン△」の魅力は、さりげなくアウトドアやキャンプの知識を教えてくれるところだと感じました。

 

第1話の見どころポイントは「松ぼっくりは自然の優秀な着火剤だ」ということ。

松ぼっくりって、マッチ一本ですぐに火がつく優れものだそうです。

 

素人考えですけど、アウトドアやキャンプの醍醐味って「焚き火」だと思います。

火を見てると落ち着きますよね。

でも、実際に火を起こすのって難しそうだなーと思います。

現に登場する女の子もめんどくさいって言っちゃってますし…。

 

でも、これから自然の中で焚き火をする際にはとても役立ちそうな豆知識でした。

なんだか、今度松ぼっくりを見かけたら火をつけてみたくなりそうです。

 

「ゆるキャン△」第1話で出てきた道具

「ゆるキャン△」第1話で出てきた道具は、以下の通りです。

  • テント
  • バーナー

今回は会話がメインだったので、道具について掘り下げられることはありませんでした。

テントもバーナーも描写のみ、ですね。

 

でもイラストで見ても、なんだかテンションが上がってしまいます。

アウトドアの道具って、なぜか集めたくなりますね。

 

「ゆるキャン△」第1話を読んだらキャンプに憧れそうになった

キャンプ

のんびりしつつも、なんだかやる気を起こしてくれるのが「ゆるキャン△」の魅力だなと感じました。

とにかくイラストが可愛いし、豆知識がとても嬉しい回となっています。

これからどんどんキャンプシーンが増えたり、人間関係がおもしろくなっていくんだろうなと期待してしまいますね。

 

キャンプにハマるきっかけになる漫画に、ついに出会ってしまったかもしれません。

 

「ゆるキャン△」を読むなら電子書籍がおすすめ!

スマホ

筆者は「ゆるキャン△」を電子書籍で読んでいます。

紙の本もいいですけど、今すぐ読むなら絶対に電子書籍が便利。

この機会に国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト! で漫画を読みましょう。

めちゃくちゃ快適です…!(下記バナーからどうぞ)

 

(第2話のあらすじと感想はこちら)

あわせて読みたい
漫画「ゆるキャン△」感想 第2話:野クルへようこそ!
漫画「ゆるキャン△」感想 第2話:野クルへようこそ!「ちょっとキャンプに興味を持ってる」「キャンプって敷居高そうだけど、素人でもできる?」 そんな方には「ゆるキャン△」の第2話で癒されてみてください。高校生の野...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

やりきることを大切に!

「音楽」「サッカー」「神戸」などの情報を中心に、ブログを通じて発信しています。

また、「在宅ワーク」「作曲家(トラックメーカー)」と2、3足のわらじを履くかたわら、「主夫」としても家族と奮闘中です。

とはいえ、日々の生活をバランス良く、楽しむことを第一にゆるりと暮らしてます◎

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次
閉じる